SMARTalkを安定重視設定で使う!IP電話アプリ


SMARTalkのすゝめ

IP電話使ってますか? 私は使ってます。むしろ最近はIP電話しか使ってません。

IP電話の難点は、やはり通話品質。

電波状況によって大きく左右されてしまうため、普通の携帯のようにはいかないことがあります。

IP電話ならLINE使えばいいじゃない?という意見もあるのですが、固定電話や、LINE交換していない相手に電話することだってあります。

スマトークを安定性重視で使う

最初 SMARTalk (スマトーク) を使い始めた時は、 通話中、 遅延と音切れが気になってなかなか使う気になれなかったのですが、設定を見直したら3G/LTE接続でもまあまあ使えるようになったので、すっかりSMARTalk ユーザーになりました。

 

スマトークを安定性重視で使う

ネットには色々設定に関する情報がありますが、遅延・音切れを抑えるマイベスト設定のポイントは以下の3つ。

・コーデックはiLBC

・パケット送信間隔は10ms

・ノイズキャンセルはオフ

設定方法は以下の通りです。

 

キーパッドのタブの右端の設定タブをクリックする。

スマトークを安定性重視で使う

 

音声のエコーキャンセラーとノイズキャンセラーをオフにする。

スマトークを安定性重視で使う

 

次はSIPアカウントの設定です。

スマトークを安定性重視で使う

 

対象のSIPアカウントの詳細設定をタップし、

スマトークを安定性重視で使う

 

コーデックはiLBC、パケット送信感覚は10msにします。リモートコーデックは受け入れない。

スマトークを安定性重視で使う

スマトークを安定性重視で使う

 

この設定だと音質はひと昔前の携帯電話並になりますが、そんなことより、会話のストレスを減らすには遅延・音切れをできるだけ減らすことだ重要だと気付きました。相手も携帯だとそこまで音質は気になりません。

 

ここをボトムラインにして、もうちょっと音質を上げる設定(たとえばノイズキャンセル)とかを調整してくと、「遅延ひどすぎて、音質悪すぎてスマトーク全然使えない!!」とならずに済む可能性が高まるかと思います。

 

wi-fi接続のときも同じ設定

wi-fi用の設定も同じにしています。これで多少弱いwi-fiに接続していても安心です。
たまたまアクセスしたwi-fiのスポットがそこまで回線状況がよくないこともありますからね。

アプリ入れたけど遅延・音切れひどくて使えない!という方は試してみてはいかがでしょうか。

 

★こちらの記事もおすすめ