ガンダム食玩 ユニバーサルユニット RGM-79N ジムカスタムを組んでみた


ガンダム食玩 プラモを買いました!

お台場ガンダムの拝観ついでに、4月5日閉店予定の「ガンダムフロント東京」と、「ガンダムカフェ」にもよってきました。
ガンダム食玩

 

店内はカフェというより、お土産屋という雰囲気で、「ガンダム焼」やいま放送中の『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』関連の「鉄火まん」などが売られています。

 

ガンダムのマグカップ、シリコンクッキングプレート、時計などもあります。

シリコンプレートがあれば、いつでもガンダム形のクッキーやチョコが食べられますね。ガンダム食玩

 

せっかくなので、食玩「機動戦士ガンダム ユニバーサルユニット3」のジムカスタムのプロモデルを買ってきました。

RGM-79N GM カスタムです。このモデルは、ビームサーベル+シールドとライフルの2モデルがありますが、今回はライフル版をゲットしました。

 

ジムカスタムといえば、量産機なのに、主役級の扱いなのに、特徴がないのが特徴と言われてしまった、なんとも微妙なポジションの機体です。

でも、量産機っていう響き、なんかいいですよね。

 

さて、部屋に戻り組み立て開始!

ガンダム食玩

 

各パーツと説明書。ガンダム食玩

 

組みあがるとこんな感じ

85mmにしてはよくできてます。ガンダム食玩

 

ウェザリングとカメラ次第では、そこそこの絵になりそうです。ガンダム食玩

 

割りとポーズも可動範囲があり、色々なポーズを決めることができます。

これで約500円ですから、コスパはいいと思います。メカを描く時のリファレンスとしてもかなり良いと思います

 

他のシリーズも欲しくなりますね…。

簡単塗装をして、ジオラマも作ってみました