「東京つけめん 久臨」で、つけ麺を食べてきた


お台場の解体中のガンダムをみて、感慨深い思いにひたったら、腹ごしらえです。
(順番が逆という突っ込みは、なしの方向でお願いしますw)

 

東京つけめん 久臨 ダイバーシティ東京店

東京つけめん 久臨

お腹ペコペコで、ダイバーシティ2階のフードコートに行くと、美味しそうな店がたくさん。

ちょっと迷ったのですが、よく「六厘舎」のつけ麺をよく食べていたという相方につれられ、「東京つけめん 久臨」にしました。有名つけ麺チェーン店「六厘舎」の系列店です。

 

メニューには、美味しそうなつけ麺と中華そばが数種類ありましたが、普段の野菜不足を解消すべく、ほぼ迷わず「野菜たっぷりつけめん」をチョイス!

東京つけめん 久臨

野菜たっぷりのスープ(つけ汁)に、太目でもちもちした麵をつけていただきます。

 

相方は、海老風味の唐辛子つきの「赤辛つけめん」。

この海老風味の唐辛子「赤辛」は、100円で追加することができます。

 

麺の太さの感覚はうどんに近い感覚ですが、うどんみたいにツルツルしていません。

魚介系スープでコクはあるけれど、重たくなくしつこくない味です。しっかりした塩味(しかし単に塩辛いではなく)に、太目の麵がよく絡みます。野菜などの具もうまく絡み、もくもくと食べてしまいます。

相方は辛い辛いと言いながら、赤辛つけめんを食べてました。

 

そして、麵を食べ終えても、さらに楽しみがあります。そう…、スープ割り!

そば湯よろしくつけダレをスープで割って頂くという「締め」があるのです。

つけめんといえば、スープ割りらしいですが、あまり外食をしない自分には新鮮でしたw

店舗によっては店員さんがやってくれるところもありますが、ダイバーシティ東京店では、ここからビュッフェのごとくスープを自分のつけダレの入ったおわんに注ぎます。

ゆずパウダーもあるので、パラパラっと匂いがほんのりする程度入れます。

なんということでしょう。冷めたつけダレの温度が復活し、さらにあっさり感のあるスープに早変わりです。

気づいたら完食してました。

今度、「六厘舎」にも行ってみたいです!

 

六厘舎TOKYOのつけめん 6食入り(3食入り×2)/六厘舎特製スープ割付き