江戸東京博物館を満喫してきた!江戸時代にタイムスリップ♪


さて、両国駅の江戸NORENで腹ごしらえをしたあとは、 江戸東京博物館 !

気分は江戸時代にタイムスリップです。

 

両国の 江戸東京博物館 に行ってきた

建物は、遠目に見ると江戸というよりは、未来の宇宙船のようです。

江戸東京博物館

学生やファミリー、多くの観光客で、にぎわっていました。

 

今回、初めての訪問で、常設展が目的です。

早速、チケットを購入します。大人一人600円です。

入場チケットは、一枚一枚違う絵柄のようです。

 

このあと、かなり長いエスカレーターで、建物の外 (1階) から6階まで上がります (高所恐怖症の相方は震えてましたw)。

これも江戸というより、未来という感じ。

 

しかし、いったん中に入ると、そこは江戸時代へのタイプスリップの入り口です。

 

6階の日本橋から見学スタート!

江戸時代の日本橋 (実寸大レプリカ) があり、ここを渡ると、いよいよ江戸時代にタイムスリップ

江戸情緒たっぷりのミニチュア、ジオラマコーナーが続きます。

江戸東京博物館

江戸東京博物館は基本的に撮影OK。江戸・東京の文化と歴史をたくさんの人に知ってほしい、という心が込められているのでしょう。

 

ということで、ミニチュアをたくさん撮影してきましたので (基本priori4を使用) 、ご覧ください!

 

まずは、江戸城とその周辺のジオラマ。

江戸東京博物館

 

続いては、日本橋とその周辺のジオラマです。寛永時代を再現しているようです。

庶民、町人、武士など、人がたくさんいますが、一人ひとり表情が違っていて、とてもよくできています。

風情がありますね。どこを切り取っても、物語が簡単に想像できます。

真剣に語り合う武士二人、隣には酔っぱらった(おそらく)下級武士。

演奏をして歌っています。今でいうストリートバンドでしょうか(笑)。

江戸東京博物館

犬に何かを取られて、追いかける男の子です。愛嬌があります。

江戸東京博物館

何か道端でパフォーマンスをしています。

江戸東京博物館

これは、何をしているところでしょう…?

 

隣は大名の屋敷のジオラマ。

「あれ、スケール変わった?」と思いましたが、なんと同じ1/30スケールでした。

大名屋敷、でかすぎです。

江戸東京博物館

素晴らしい庭園です。ジオラマ作りの勉強にもなります。

まさに、豪華絢爛!

 

ジオラマの周りには史料や鎧、刀、小物がたくさん展示されています。

5階への階段付近には、乗って撮影ができる籠 (かご) があります。

江戸東京博物館

参勤交代のときに乗っていたもの (レプリカ) だそうです。

 

実寸大の展示物もいっぱい

5階に移動すると、原寸大の展示物が待っています。

まず、肥溜めを運ぶ道具が…! 重さ26Kgで、実際に担いで体験できますw

江戸東京博物館

肥溜めを運ぶ道具!臭いはしませんw

 

江戸時代の大工さんの家。

まくらが大中小と3つ、茶碗も3つあるので、どうも3人で四畳半暮らしだったようです。

四畳半の大工さん家族のおうち。

ここで相方からのプチ情報。

江戸時代は建物が木造で火事などにより焼失することが多かったため、大工さんは仕事が多く、そこそこ収入がよかったそうです。

 

隣の部屋は、指物師のおうち。

指物とは、木材を、釘を使わずに、ノミなどで彫り込んで組み合わせて作る家具や道具のこと。

江戸時代に幕府は、多くの指物職人を日本橋周辺に呼び寄せて、手工業を発達させたそうです。

 

江戸時代には寿司の出店があったんですねぇ。

江戸東京博物館

江戸時代の屋台すし屋。まぐろ、玉子巻き、こはだなどがあります。

ここでまた相方のプチ情報。

江戸の握り寿司の発祥は両国といわれており、手軽に早く食べられるグルメとして、気の短い江戸っ子たちに愛されてきたそうです。現在の握り寿司の約2~3倍の大きさだったようです。

 

細やかなところまで再現されていて、非常に勉強になります。

屋台の後ろには、またまた実際に担ぐことができる魚売りのかごが。結構重たいものを一日中運んでいたんですね、江戸の商人は…。

 

その隣には、呉服屋の三井越後屋のミニチュア! 現代でいうところのデパートでしょうか。

江戸東京博物館

15分ごとにのれんが上がります。

江戸のお洒落さんは、最新トレンドの反物で着物を仕立てたんでしょうね。

 

こちらの橋は、昔の両国橋です。

江戸東京博物館

川べりの様子も再現されています。屋形船もありますね。

両国橋という名前の由来は、西側が武蔵国、東側が下総国と2つの国にまたがっていたことから、来ているそうです。

両国橋付近には、芝居小屋、髪結い屋、茶屋、料理屋などがたくさん並んでいます。現在の渋谷、新宿のような大繁華街だったようです。

江戸東京博物館

両国橋付近で楽しむ人たち。手前の女性2人は買い物に来たのでしょうか?

 

江戸から東京へ

時代は、江戸から明治、大正、昭和へと移っていきます。

江戸東京博物館

自分の祖父・祖母の家を思わせるつくりで思わず懐かしくなります。

江戸東京博物館

台所です。味噌汁と漬物の匂いがしてきそうな…

 

こんな時代に暮らしていたんですね。何気に自分もいくつかの時代を生きているんだなぁ、としみじみ思いました。

江戸東京博物館

昭和感あふれる団地のダイニング・キッチンです。

東京エリアには、自動電話の実寸大レプリカ、様々な種類の人力車と自転車が展示されていて、乗ったり触ったりできて、思わずはしゃいでしまいました。

 

閉館ギリギリまで歩き回り、満喫。

カップルでもファミリーでも、たっぷり楽しめるスポット。

歴史にあまり興味がない人でも、ジオラマやレプリカを見ているうちに自然と興味を持つようになりそうな、素敵な博物館でした。

 

今度は、一眼レフとか、性能の良いカメラを持ってきたいですねえ。

参考になる程度には写真もたくさん撮れたので、これらを参考に、お絵かきをしてみたいと思います!

 

★江戸NORENレポートもどうぞ↓

 

アクセス・開館時間・公式サイト

・アクセス


JR総武線 両国駅西口下車 徒歩3分、東口下車 徒歩7分
都営地下鉄大江戸線 両国駅(江戸東京博物館前) A3・A4出口 徒歩1分

 

・開館時間

9:30~17:30 (土曜日は9:30~19:30)入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始

 

・江戸東京博物館公式サイト