格安万年筆レビュー|ダイソー、ローソン100、プレピー


あなたは万年筆を使っていますか?

格安万年筆レビュー

私は使ってませんでした。

万年筆は、手入れとかインクの入れ替えとかめんどくさそうですし、インクが漏れたりして、書類や筆箱が汚れたりしそうと思っていました。

普段は、もっぱらボールペンを使っていました 。

 

そんなある日、ボールペンのインクが切れて、替芯を買おうと思い、ローソンストア100に立ち寄りました。

そこでふと、100円の万年筆が目に留まりました。もし仮に失敗しても、100円なら財布も痛みません。

ということで、好奇心から買ってみることにしました。

 

帰宅して書いてみると、これは中々悪くない 。

格安万年筆レビュー

ほとんど筆圧をかけなくても、スラスラ書けます。また、とめはらいなども表現でき、ボールペンより表情豊かな文字が書けます。

で、すっかり万年筆にはまり 、インク一本まるまるを使い切ってしまいました 。

 

そこで気になったのが、他の格安万年筆はどういう書き心地なのか、ということ。

これは試してみるしかありません!

 

 

格安万年筆レビュー 3つを比較してみた

格安といえば百均。格安万年筆を仕入れるため、近所のダイソー、セリア、キャンドゥーを回りました。

 

さすが、ダイソー。2種類も販売しています。さらに、カートリッジも。

残念ながら、今回訪れたセリアとキャンドゥーには万年筆がありませんでしたが、ネットで調べると使い切りタイプを販売している店舗もあるようです。

そして、ネット通販でプラチナ萬年筆の低価格モデル「プレピー(preppy)」を購入。

つまり、

・ローソンストア100の万年筆(100円。プラチナ製)

・ダイソーの万年筆(100円。2種類ありますが、プラチナ製じゃないほう)

・プラチナ製のプレピー(200円)

この3本を比較してみました!

 

個体差の大きいローソンストア100の万年筆

まずは、万年筆デビューをさせてくれた、ローソンストア100の万年筆。ペン先の意匠から、プラチナのOEMかと思われます。

格安万年筆レビュー

最初に購入したものがインクが切れてしまったのですが、そのローソンストア100には換えインクがなかったので、もう一本購入しました。

この2本目の万年筆は、カートリッジを挿してからインクがペン先に届くまで時間がかかりました

格安万年筆レビュー

で、2本目を使ってみたですが、1本目とは書き心地が違っていました

1本目は、割とぬるぬるとした書き心地だったのですが、2本目はインクがさらさらと出ず、どちらかというとカリカリとした書き心地でした。ある程度筆圧を書けないとインクが出ません。

個人的には1本目のほうが好みですが、ローソンストア100の万年筆は当たり外れがある、ということになります。

 

ペン先が硬い高級感のあるダイソーの万年筆

次に、ダイソーの100円の万年筆です。ペン先はプラチナとは違うので、別のメーカーのOEMだと思われます。

格安万年筆レビュー

専用のカートリッジ(5本入り)も販売しています。

本体の色はホワイトとシルバーの2色。アルミ素材で、重みもあり、とても100円とは思えない仕上がりです。

格安万年筆レビュー

インクはブルーブラックです。

格安万年筆レビュー

さて、書き心地ですが、インクはスルスルと出るものの、ペン先は硬いです。個人的には万年筆というには硬すぎる印象です。

ただ、逆に言うと、ボールペンのような感覚で書け、筆圧をかけなくても書けるので、Jet Streamのような、サラサラ書くボールペン感覚で使いたい人には向いているかもしれません。

 

ちょうどいい柔らかさのペン先、プレピー

最後に、プレピーです。

こちらはプラチナ萬年筆製で、200円です。このなかでは最高値(笑)です。

軸はやや太めで、女性には少し大きいかもしれません。

 

結論から言うと、さすが最高値。書き心地は一番良いです。

ダイソーの100円万年筆のような重さはありませんが、軸は持ちやすく、また、本体が透明なので、インク残量もわかります。

ペン先は、3本の中で一番やわらかく、筆圧をかけなくてもサラサラ書けます。

キャップもカチッとしまりますし(1年経ってもインクが乾かない機構らしい)、そして、換えのカートリッジが近所のダイソーでも買えるという手軽さも魅力的です。

万年筆デビューするにはベストではないかと思います。

 

3つの書き比べ

格安万年筆レビュー

 

以上、簡単ですが、格安万年筆の比較レビューでした。

もっといろんな万年筆も試してみたいですね!カクノも気になります。