電話帳からSMARTalkで発信する方法|Googleアシスタントでも使える!


IP電話アプリスマトーク、やっぱり良い

格安スマホで節約ライフを心掛けている私は、普段 SMARTalk (スマトーク ) をよく使っています。

と言うよりも、 SMARTalk しか使っていません.。

スマトークはip電話ですが、

  • 月額料金はかかりません
  • 通話料も普通の携帯電話の通話料金より安い
  • データ通信さえできれば通話できる

というメリットがあります。

いざという時のために、1アカウントを持っていて損はないと思います。

 

★ストレスフリーな、安定性重視のスマトークの使い方はこちら↓

さて、そんな SMARTalk ですが、電話アプリなので、当然スマホ本体の電話帳 (アドレス帳) と連携しています。

なので、SMARTalk アプリを立ち上げてから電話帳を見れば、既に登録済みの連絡先から発信することができます。

 

では、電話帳からSMARTalk で発信するにはどうすれば良いでしょうか。

 

スマホ 電話帳からSMARTalkで発信する方法

その設定方法は、簡単。

アドレス帳アプリを立ち上げて、電話番号をタップすると、使用するアプリを聞かれます。

電話帳からSMARTalkで発信する方法

その時にスマトークを選択し、「1回のみ」ではなく「常時」にチェックを入れて SMARTalk で発信する。

これだけです。

 

すでに他のアプリを選択してしまったときは…

すでに、他のアプリが選択されている場合は、設定変更で対応です。

スマホの「設定」を立ち上げて、「アプリ」を選択して、自動で立ち上がるアプリの「既定で開く」を選択し、「設定を消去」を選択すると、既定の設定を消すことができます。

電話帳からSMARTalkで発信する方法

※このあたりの設定は、自己責任でお願いします。

 

そして、電話帳アプリを立ち上げると、スマトークを選択できるようになっていると思います。

 

google アシスタントでSMARTalkを使おう !

スマホの電話帳から スマトークで発信できるように設定することで、 google アシスタントを使って 「パパに電話して」 といった音声コマンド一発でスマトークを使って電話をかけるようになります。

それでは、スマートな SMARTalk ライフを!