格安スマホPriori3の実機レビューMIYABIとの比較


Priori3の実機レビュー

priori3某ヨドバシカメラにPriori3の実機が展示されていましたので、少し触って来ました。

余りいじり倒す時間もなかったので、あくまでファーストインプレッションです。

 

ぱっと見た感じの印象はPriori2とあまり変わりません。

 

priori2よりややスクウェアな印象です。サイド面の仕上げがPriori2より高級感があります。

 

priori3そして、Priori2との変更点のハイライトの一つだと思うのですが、ボタンが光るようなっています。

 

自分はもう慣れてしまいましたが、Priori2は光らないので暗い場所では、ボタンが見えません。

これはPriori3の方が便利ですね。

 

バックボタンの位置が左右入れ変わっていたので、慣れるのに少し時間がかかりそうです。

 

動作は、基本的にはPriori2と同じですが、スクロールの感じが少し違いました。

Priori2ではシュッシュッとスクロールして、ピタッと止まるのですが、Priori3はそれと比較するとシューンとスクロールして、ふわっと止まる感じでした。これがテストしたブラウザ(Chrome)によるものか、Priori3の本体によるものか、わかりませんでしたが、個人的にはピタッと止まる方が好みです。

 

ちなみに、同じく展示されていたMiyabiはピタッと止まる動きでした。

 

それ以外はPriori2との違いは感じませんでした。

わざわざ買い替えるならMiyabiがいいかもなー、と心が少し動いてしまいましたね。

 

Priori3もいいけど、MIYABIがいいなー

priori3

以前にPriori3の実機レビューを投稿しましたが、またまたヨドバシに寄る機会があったので第2弾のレビューをします。

 

今回は前回に比べてラインナップが増えていました。KATANA01、KIWAMI、MIYABI、Priori3と勢揃いしていました。

 

さて、やはり気になるのがPriori3です。

前回、スクロールのふわふわ感が若干気になったのですが、今回はありませんでした。Priori2と同じようなスクロール感で、これならもう気になることはないなーいう感じです。

 

で、やっぱりMIYABIいいなー、と思いました。メモりも32G元からありますし、コスパの観点ではPriori3といい勝負だと思います。

 

そしてKIWAMIも触りましたが、ここまで来ると、もう別の位置づけですね。タブレットの領域に足を踏み入れている感じです。

Priori3やMIYABIはまだタブレットも欲しいと思いますが、KIWAMIはこれ1台でいいんじゃないかな、と思わせてくれました。

 

ただその分持ち歩きの(心理的な面でも)軽快さが無くなりますので、個人的ベストバイはやっぱりMIYABIです。