アクアパッツァ簡単レシピ 鯛まるごとフライパンでバーン!-クチンごはん

The following two tabs change content below.
クチン
毎日がお祭り騒ぎ!ごろ寝はプロ級!80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター&会社員。

約1年ぶりの更新…。相方も私もブログを放置してしまいました(汗)。いかんいかん、復活です。

作った料理の写真が結構たまっているので、練習のためにもレシピや献立を記録していこうと思います。
今度こそ続けるぞっ!🔥

 

肉のハナマサで花鯛を

さて先日、食材のまとめ買いのため近所の肉のハナマサに行ったところ、花鯛がお手頃な値段に!

アクアパッツァ簡単レシピ 花鯛

 

魚には目がないクチン氏、即買い。アクアパッツァを作って食べました。

ちなみに「アクアパッツァ(acqua pazza)」は、魚介類をトマトやオリーブオイルとともに煮込むナポリ料理。イタリア語で”狂った水””奇妙な水”と言う意味するそうです。なんかワイルド(〃∇〃)

 

丸ごと鯛の アクアパッツァ簡単レシピ

丸ごと鯛の アクアパッツァ簡単レシピ の画像

材料(3〜4人前)

  • 鯛(真鯛、花鯛、カサゴ、スズキなど白身魚でOK) 1尾
  • 塩・コショウ 少々
  • オリーブオイル 大さじ3
  • おろしにんにく 1かけ分

[A]
・貝(アサリ、ムール貝、ホンビノス貝など) 合わせて6〜10個
・エビ 4〜6尾
・トマト 1個(プチトマトなら6個)
・お好みでニンジン、ズッキーニ、ブロッコリー、ブラックオリーブ 少々
・白ワイン 1/4カップ
※白ワインがない場合は「シャンパン」または「料理酒+レモン汁ちょい」で代用可能
・水 1/2カップ

  • イタリアンパセリ 適量

 

作り方(調理時間30分くらい)

1.下ごしらえ
・貝は塩水につけて砂抜きしておく。
・エビは頭を取って殻をむき、背わたを取っておく。
・魚はうろこ、えら、内臓、血合を取って流水で洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取り、塩コショウを振り下味をつけておく。
※スーパーの鮮魚コーナーで、無料で下処理をしてもらえる場合もあるので、買い出しのときに聞いてみると◎
・トマトはへたを取り、大きいトマトは一口大に切っておく。

 

2.大きいフライパンにオリーブオイル大さじ2と、おろしニンニクを入れ中火にかける。温まったら、魚を入れ裏表とも焼き色が付くまで焼く。

 

3.[A](貝類、エビ、野菜、白ワイン、水)を加え、さっとアルコールを飛ばしまら、フタをし中火で貝の口が開くまで蒸し焼きにする。

 

4.フタを取り、中火で1〜2分ほど煮汁を魚にかけながら煮る。

 

5.最後にオリーブオイル大さじ1を回しかけ、イタリアンパセリをトッピングして出来上がり!

 

コメント

魚を丸ごと使ったアクアパッツァは、(うろこを取るの以外は…)作り方が簡単!でも、豪華で手が込んでるように見えるので、おもてなしやインスタ映えごはんにもおすすめ(๑´ڡ`๑)

 

アクアパッツァの献立

・主食:ごはん
・主菜:丸ごと鯛のアクアパッツァ
・副菜:大葉と納豆たっぷり玉ねぎサラダ
・副菜:練物の焼き鳥風
・副菜:カボチャのクリームソース

イタリアンでも和風でもない…!!でも、うまかったですლ(´ڡ`ლ)