HGUC陸戦型ジムの組み立て、塗装まで -ガンプラ製作記録

The following two tabs change content below.
stillwill
熱しやすく冷めにくいので、やりたいことが山のように積もり積もっています。とにかく絵がうまくなりたいええ歳したオッサンです。 何をしでかすか、乞うご期待!!

ガンプラジオラマ製作。今回は 陸戦型ジム素組み

ガンダムEz-8が完成する前ですが、さらに陸戦型モビルスーツをゲットしてしまいました。ザクもまだ多少のやり残しがあるんですけどね…。

というわけで、すっかり地上戦づいており、今回は陸戦型ジム(RGM-79[G])を購入です。

ネットで注文したので、あっという間に自宅に届きました。

パッケージはこんな感じです。

オレンジ色の量産機、かっこいいですね。何体か並べたら迫力ありそうです。

陸戦型ジム素組み

開封すると、パーツ、説明書、デカールなどが入っています。

陸戦型ジム素組み

組み立て前のパーツ洗浄の儀を執り行います。

陸戦型ジム組立・塗装

そして、乾かしている間、まずは、組立説明書を確認します。

ガンダムEz8と同じような感じかな~と思いましたが、Ez8発売から時間が経っているためか、そこそこ世代代わりしてました。

組立説明書がだいぶ立体感があり、わかりやすくなっています。

そして、オールガンダムプロジェクトを採用したため、まさに量産機といった組みやすさがあります。

特に関節の自由度と、合わせ目消しが少なくて済むパーツ分割はなかなかです。

 

というわけで、早速組み立て開始

まずは、胸部から。
陸戦型ジム組立・塗装

放熱ダクトは、周囲はデカールでホワイト化するのですが、部分塗装も念頭におき、一旦は、デカールを貼らずにいきます。腰は、上下に連結するのではなく、前後に連結する形になっています。

自由度は上がるのでしょうが、若干、不安なが感じもしますね…。

陸戦型ジム組立・塗装

頭部です。

カメラ部分がクリアパーツで、さらに、耳部分に合わせ目が来ないという、気が利いたパーツ設計。

陸戦型ジム組立・

腕です。

肩のプロテクターと、胴体への接続部分が、一体化してます。組み立ては簡単になってますね。

手首が、別パーツになっていて、ボールジョイント丸出しより見た目が向上しています。

腕を胴体に接続しました。

陸戦型ジム組立・塗装

足です。

アンクルアーマーが、ガンダムっぽさを出してますね。

これも、合わせ目がでないパーツ設計で、いい感じです。

陸戦型ジム組立・塗装

脚も組みました。膝の突起部分が別パーツで、部分塗装要らずです。これはいいですねー。


腰部分です。

胴体が完成!

ランドセルを組み立てたら、武器以外は完成ですかね。

陸戦型ジム組立・塗装

Ez8と並べると華奢な感じがしますが、そこがむしろジムっぽいので、これはこれでありですね。

陸戦型ジム組立・

ジムの塗装、ウェザリング
次のページへ