陸戦型ガンダムの素組み


MS08小隊のガンプラが充実してきましたが、そうなるとやはり陸戦型ガンダムは避けては通れません。ということで、陸戦型ガンダムの地上戦セットをゲットしてきました。まずは本体の陸戦型ガンダムを素組みしていきたいと思います。

パッケージです。シールドを地面に突き立てて攻撃している陸戦型ガンダムとホバートラックが描かれています。地上戦はいいですね。

箱を開けるとビニール袋に入ったパーツがお目見えです。ホバートラック用のランナーがあるためか、結構高さがありますね。

袋を全部取り出しました。

袋から取り出すとこんな感じです。結構パーツがありますね。本体はそんなでもないですが。左上の2枚の全く同じランナーがホバートラックと武器やジム頭になります。ジムの頭2つもありますけど、どうしますかね、これ…。一個は破壊用とかに使ってもいいかもしれません。

はい。まずはAランナーです。多色成型はもはや当たり前ですね。Vアンテナや胸、足など色分けが必要なパーツがメインで入っています。

次はBランナーです。主に白い装甲パーツが収められています。頭部のパーツもここにあります。

同じく白いパーツのCランナーですが、これは、本体ではなく、コンテナだけが収められているランナーです。陸戦型という感じですね。EZ8のコンテナラックと互換性があるので、これがあれば、MS08小隊の色々なシーンが再現できると思います。

そして関節パーツが収められているDランナーです。

肩アーマーや、シールドなどが収められているEランナー。

追加の武器、ホバートラック、ジム頭などが収めらているFランナーが2枚ついています。

それでは、いつも通り、洗浄・乾燥させてから組み立てていきます。

胸パーツを前後合わせて、

 

胸部完成。肩関節は前方への引き出しがあります。肩関節の上面は塗装もしくはシールで本体カラーに合わせます。

ダクトと胸のバルカンを取り付けます。小さい方のバルカンは部分塗装が必要です。ダクトのフィンの黄色い部分は部分塗装かシールで対応です。コックピットハッチの三角部分もシールか塗装が必要です。また、襟も別パーツ化されていないので、部分塗装が必要です。

コンテナラックの下側の爪を作成します。

バックパックに取り付けます。

そして本体と合体させると、いよいよ陸戦型ガンダムの胴体の全体像が見えてきました。

頭部を作成します。

まごうことなきガンダムフェイスです。まだカメラアイなどのマーキングはしていませんが、カッコいいですね。アンテナはシャープ化しますかね。

肩アーマーを作成し、

腕の関節、

前腕を作成し、

本体に取り付けると上半身ができてきました。

足からくるぶしにかけての関節はポリキャップを挟んで貼り合わせるシンプルな構造です。

左右2つ作成します。

ガンダムらしさが表れている赤い足のパーツです。

関節パーツと組み合わせます。

膝の関節を作成し、

太ももパーツ、アンクルアーマーふくらはぎのパーツを取り付けると脚が完成。膝のスパイクや、ダクトの黄色など、部分塗装が必要ですね。こういった部分は陸戦型ジムなど、後発のガンプラの方がよくできていますね。(まあ、こういうチマチマしたデティールの塗装も楽しいので、好きなんですけど)

腰アーマーを組み立てて、

シールドを組み立て、

コンテナを組み立て、

装着するとできあがり!

ちなみにコンテナの中には銃を分解して格納しておけます。こういうギミックはいいですね。

さて、今度はこれを塗装していきます。