陸戦型ガンダムの塗装


さて、前回組み立てた陸戦型ガンダムを塗装していきたいと思います。

まずは、ダクトのフィンを黄色、小さい方のバルカンをオフホワイト、同じく襟もオフホワイト、真ん中の三角は墨入れの要領で塗装します。面相筆でチマチマ塗ります。結構楽しいんですよね、この作業。

そして、膝のスパイク、脛のダクトのふちを塗装します。ようやくそれっぽくなってきました。

ふくらはぎの三角マーク、腰の黄色いマークなども部分塗装します。

関節の一部をゴールドで塗装。

背中のマークを部分とそうし、バーニアはダークグレーで塗装し、内側は赤で塗装。今回はツヤありのトップコートを吹いてみました。

アーマーの内側は、ダークグレーで塗っておきます。

胸部分にデカールを貼って、ウェザリングマスターでウェザリングしたところです。

ジムの頭に付け替えてみました。墨入れも施して、基本的な塗装は完了です。左が塗装後(手のパーツを外しています)、右が塗装前です。アンクルアーマーを付けると目立たないですが、足のシリンダー部分もゴールドとシルバーで部分塗装しました。つや消しトップコートを吹いたこともあり、だいぶおもちゃ感がなくなってきましたね。

墨入れ、ウェザリングを施して完成です。(夢中になると写真撮り忘れますね…)

バストアップです。バイザーの色が薄くて中身が結構見えるのがカッコいいですね。

後姿もカッコいいですね。ガッシリした感じが陸戦型ガンダムらしくて好みです。