HGアッガイを作って、ディテールアップしてみた -ガンプラ製作記録

The following two tabs change content below.
stillwill
熱しやすく冷めにくいので、やりたいことが山のように積もり積もっています。とにかく絵がうまくなりたいええ歳したオッサンです。 何をしでかすか、乞うご期待!!

しばらく品薄でしたが、ようやく出回り始めたらしいので、HGアッガイを購入!

まずは、素組みから組み立てていきます。ゆくゆくは塗装していきたいと思います。

 

HGアッガイの開封

パッケージです。なんすかね、この萌えフォルムは。

箱を開けると中身がでてきます。ランナー数はポリキャップ除いて4枚。武器などがない分少な目ですね。

説明書です。立ち姿もかわいいですね。

Aランナーです。多色成型で、うれしいことにモノアイのカバーがあります。ドムもそうですが、モノアイはやっぱりカバーありがいいですね。

Bランナーです。主に装甲系の濃い茶色のパーツが格納されています。

ランナー

続いてCランナーです。お腹や背中の薄い茶色のパーツなどが格納されています。

Dランナーです。内部構造の濃いグレーのパーツが格納されています。ほぼ装甲で見えなくなるのですが、ちゃんとデザインされていて、ちょっとしたMG感がありますね。

ポリキャップ

そしておなじみポリキャップ。使用しないパーツが結構あります。

シールはモノアイだけです。シンプル極まりないですね。

シール

 

アッガイの素組み

可愛いボディの組み立て

まずはボディから組み立てです。ボディの前後で、四肢の接続部分を挟み込む形ですね。

こんな形です。

なんだ、この幼児体型。

なんだ、この幼児体型。

つぎにボディの前後とよだれかけです。

装着するとこんな感じです。何かの昆虫の幼虫みたいですね。

ボディ下部の部品です。穴隠しもついています。

装着するとこんな感じです。

 

バックパックの組み立て

次にバックパックです。スラスター(?)部分は可動します。

バックパックの組み立て

装着するとランドセル感ありますね。

 

頭部の組み立て

次に頭部です。モノアイがクリアパーツです。うまいこと活用したいですね。

頭部の組み立て

組み立てるとこんな感じです。

頭部の下側の部分です。

合体させてクリアパーツを被せます。頭部が大きいだけあって、結構ディティールが作りこまれています。

首のパーツです。いわゆるモナカ割りですね。

素組みなのでユルユルですが、組み立てるとこんな形です。

頭部バルカンと頭部上部の装甲です。

頭部を組み上げるとこんな感じです。

結構凶悪な顔つきですね。

HGアッガイを作って、ディテールアップしてみた

腕パーツの組み立て
次のページへ