HGUC RX-75 ガンタンク塗装、ウェザリング -ガンプラ製作記録

The following two tabs change content below.
クチン
毎日がお祭り騒ぎ!ごろ寝はプロ級!80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター&会社員。

すっかりガンプラにハマってしまい、着実にガンプラが増えてきてます。まだ組み立ててないものもあり、これじゃ積みプラまっしぐらです(笑)。

さて、プラモは初心者なので、今回はパーツの少ない、ガンタンクを作ってみました。

 

ガンタンクの組み立て開始!

ザクなどと比べるとパーツ少なめです。

HGUC RX-75 ガンタンク ランナー

まずは、説明書を見ながら、仮組みをしました。

ガンタンク仮組み

ガンタンクとグフがあると、例のシーンも再現できちゃいます♪

★グフの記事はこちら↓

さて、素組みでもかっこいいですけど、寂しいというか、物足りない感じがします。やはり塗装やウェザリングをしないと、です。

 

ガンタンク塗装、ウェザリング

キャタピラ部分のウェザリング

一度分解して、キャタピラのウェザリングからはじめます。

ガンタンクのキャタピラ

スミ入れをしてから汚れ表現に移ります。

灰色~黒のアクリル絵の具を水で薄めて、筆で荒く塗り、汚れを表現します。絵の具が乾ききる直前に軽く拭き取ると、ナチュラルな感じに仕上がる気がします。

続いては、ウェザリングマスターでサビ感を足して見ました。

ドライブラシ&チッピングで金属感をアップ

全体的に、ドライブラシでシルバー色のアクリル絵の具をかけ金属感をアップさせてみました。チッピングはマジックを使いました。

キャタピラ部分には、蓋を開けて少し乾かしたマジックを横に倒してなぞり、塗装に近い感じで塗りました。

下の部分の泥はアクリル絵の具ですが、タミヤの情景テクスチャのほうが良かったかも…です。

コックピットの中もしっかり塗装

コックピットのなかはデフォルトはグレイ一色です。こだわって塗装を施してみたいと思います!

ガンタンク塗装、ウェザリング

面相筆とアクリル絵の具で頑張りました(笑)。

ガンタンク塗装、ウェザリング

線が少しよれていますが、まあまあうまくいったのでは?と思います。

 

ガンタンク塗装、ウェザリング終わり

最後につや消しを吹きかけて、完成です。

コックピットもそれっぽい感じになったと思いますが、相方いわく、コックピットの窓ガラスにもつや消しをかけるとより質感がアップするとのこと。今度、試してみたいです。

ガンタンク塗装、ウェザリング 完成

上から見るとこんな感じです↓

ガンタンク塗装、ウェザリング 上から

完成して感じた点としては、

・ゲート処理が甘かった

・絵の具で表現した泥が質感が物足りない

・全塗装して、メタル感をアップしてみても面白そう

です。

 

今日はここらへんで。次はガンダムかザク、ベアッガイを作ってみたいです(*^^*)

 

今回使った材料:ガンタンク塗装、ウェザリング

●ガンタンク

●タミヤ セメント

●スミ入れ塗料

●ウェザリングマスター

●アクリル絵の具
●シルバー色マジック