樹木と歩道の植え込みの作り方 -ガンプラ市街地ジオラマ製作記録5

The following two tabs change content below.
クチン
毎日がお祭り騒ぎ!ごろ寝はプロ級!80年代に憧れ、90年代を引きずっているライター&会社員。

信号や街灯などだけだと味気ないので、今回はジオラマに緑を加えたいと思います。市街地戦ジオラマだけど、華やかに!「 樹木と歩道の植え込みの作り方 」編です。

前回の記事はこちら↓

ジオラマの歩道に街路樹を! 樹木の作り方

今回は針金とフォーリッジクラスターを使って木を作ります。

使用するのはダイソーの太さ0.28mmのステン針金。お手頃な値段で加工しやすいのが特徴です。

ダイソー 針金

100均の針金で幹を作る

針金を同じ長さに切って、ねじり束ねます。

針金で幹を作る

針金広げて、枝を表現します。針金の先に刺されないように気をつけてくださいね。結構痛いです…。

針金で枝を作る

幹と枝を塗装する

茶色のアクリル絵の具、カラースプレーなど、お好みの塗料で塗ります。

今回、私は100均ダイソーのミルクペイントのモカチャを使いました。かなり木っぽい色です。

ダイソー ミルクペイント

たくさん塗って、乾かします。乾いたら、つや消しトップコートを吹いて保護します。

幹を塗料で塗る

フォーリッジクラスターで葉っぱを作る

KATOの葉っぱはフォーリッジクラスターとターフを使って表現します。

木工用ボンドを枝の部分に塗り、お好みの色のフォーリッジクラスターを貼っていきます。

フォーリッジクラスターで葉っぱを作る

ターフをまぶして葉っぱ感をアップ

フォーリッジクラスターだけだと色が1色ではっきりしすぎるので、ターフを少しまぶしたいと思います。

木工用ボンドを水で薄めたもの(ざっくり木工用ボンド3:水7くらい)を、

薄めた木工用ボンド

アトマイザーに入れて、先ほど作った葉っぱに噴霧します。そして、その上からターフ(緑色ブレンド)を少し撒きます。

乾いたら余分なターフを振り落とし、つや消しを2回吹いて保護します。

ターフを撒く

簡単ですが、木っぽい感じはすると思います。

フォーリッジクラスターの代わりにスポンジを塗装して使うのもありですし、専用のキットを使っても良いと思います。

乾かす間に、歩道の植え込みたい部分を、カッターで切り取っておきます。

続いては、背の低い植え込みを作ります。

街路樹の間の植え込みの作り方
次のページへ