Blenderの3Dオブジェクトを簡単にClip Studioで使う

The following two tabs change content below.
stillwill
熱しやすく冷めにくいので、やりたいことが山のように積もり積もっています。とにかく絵がうまくなりたいええ歳したオッサンです。 何をしでかすか、乞うご期待!!

クリップスタジオで作画でしていると、3Dでモデリングした方が使い回しも効くし、デッサンも崩れないので便利だな、と思うことがあります。

とは言え、3Dモデリングはなんか難しそうだし、パース定規で頑張って描けばいいだろう、と思っていました。しかし、作画の効率化を目指したり、メカやSFの背景を効率よく描きたい熱がついに高まり、一念発起しました。

ということで、数ある3Dソフトの中でも無料、かつその気になれば高度なモデリングも可能なBlenderをインストールしてみました。癖があるらしいですが、初心者にとっては関係ないこと。慣れてしまえばいいのです。

まずは簡単な形を4つ並べてみます。メッシュからキューブを置いて、ベベルというモディファイヤで角を面取りしました。モディファイヤというのは、フィルターみたいなものですね。あとは、コピーアンドペーストで増やします。なんかSF感出てきましたね。

このまま特に加工はせず、Obj形式でExportします。クリスタで使う場合には、オブジェクトにサーフェイスの設定とやらが必要という情報もあったのですが、あくまで線画が欲しいだけなので、何もしません。

そしてClip Studioにそのファイルをドラッグ&ドロップします。思ったより簡単にできてしまいました。そうすると、通常の3Dの素材と同じようにカメラや配置ができるようになります。

ここまで来れば慣れたものです。作画したい角度や大きさに設定します。やや白飛びしている感じなのは、おそらくBlenderでサーフェイスの設定とやらをしていないからでしょう。気にせず進みます。

ここからはEX版限定でProにはない機能ですが、3DモデルをLT変換で線画にします。Pro版でも、3Dオブジェクトを下絵にして線画を描けば同じような事ができます。LT変換の方が遥かに手軽ですが。

ベクター線で書き出せば、線幅修正や描き足しも簡単です。しかも、3Dオブジェクトのパース定規をそのまま使えるのでディティールアップもパースに沿ってできるのでかなり便利です。

トーンと描き足しを軽くするとこんな感じです。
何かSFにありそうなコンテナとか、格納庫の内部の一部っぽくないですか?

さすがに一回しか使わないものに対して3Dモデルを作り込むのは効率悪いと思いますが、何度も登場する背景やメカなら3Dを作っておいた方が効率的ですし、今回のようにシンプルなオブジェクトを複数描く場合は、3Dから作った方が効率的です。手描よりクオリティも上がります。CG臭さを無くすために手描きの味付けを上手くやれば漫画でも全く問題なく使えそうです。

というわけで簡単ながらBlenderで3Dオブジェクトを作成してClip Studioで使う方法を試してみた結果でした。